11月18日No.1新潟遠征〜出発篇

2017.11.20 Monday

0

    こんばんは。

    この度11月18,19日で新潟の「SLばんえつ物語」へ行ってきました。帰宅した今夜は時間も遅くなってしまったので出発篇と銘打って前夜に高崎から新潟までの道のりを報告して終わろうと思います。

    今回は折角なので非常に遠回りして東京を目指します。

    まずは高崎駅東口から日本中央バスの大胡線に乗車して、上毛電鉄の大胡駅へ向かいます。

    およそ1時間の乗車で大胡駅に到着。

    静かなレトロ駅です。

    大胡から赤城まで上毛電鉄線に乗車し、赤城からは東武桐生線に乗車です。

    特急りょうもう52号(上り最終列車)に乗りました。

    深夜の浅草駅に降り立ちました。

    浅草駅前から都営バス東42甲系統に乗って東京駅へ辿り着きました。

    何気に都営バスもかなり久しぶり。深夜の空いた都心の道を駆け抜ける都バスも楽しかったです。

    ちなみに掛かった時間は実に5時間!上野東京ラインなら高崎〜東京間1往復以上出来てしまいますね...(苦笑)

    乗車する夜行バスまで時間があるので、同行者と合流後は東京駅八重洲口で各地へ向かう高速バスを眺めながら待ちました。

    丸の内鍛冶橋駐車場から乗車します。

    東京駅を0:00に出発して6時間、朝6時に時刻通りに新潟駅へ到着しました。

    早朝の新潟、3年半前のムーンライトえちご新潟入り以来です。

    朝食処の開店まで新潟交通の路線バスを観察しておりました。

     

    ということで今回はここまでとします。

    本命の「SLばんえつ物語」他新潟関連の報告は改めてお伝えします。

     

    ではまた☆

    11月5日No.2藤岡サイクリング

    2017.11.09 Thursday

    0

      こんばんは。

      だいぶ遅れてしまいましたが、5日の日曜日に上信電鉄(下の記事)を撮影した際に行ってきたサイクリングの模様を報告します。

      山名から坂を上がって「ドライブイン七輿」へ行きました。

      もはや定番のスポットです。

      最近テレビで紹介され、店内は県内外からたくさんのお客さんがお越しになり、自販機グルメを珍しそうに見ていました。

      知名度も上がり売り上げが伸びたということは自販機業界にとっても非常に喜ばしいことと思いますが、やはり自販機のエンジン音だけが延々と響いている少し寂しい雰囲気が好きなので、できれば夜間に訪れたいですね。

       

      ということで、この時昼食がまだだったので奮発してオリジナル麺2種類コンプリート。

      チャーシュー麺は訪れる度に頂いていますが、今回うどんは初めて頂きます。

      両方とも自販機の25秒調理とは思えないほどのハイクオリティで美味でした。

      ドライブイン七輿を後にして高崎方面へ戻る途中、藤岡インターチェンジ付近にある「ららん藤岡」へ。

      ここには珍しいミニ遊園地があります。

      100円で乗れるミニ観覧車、昔から見ていましたが今でも少し不気味な雰囲気を醸し出していると思います。(そう感じるのは私だけかもしれませんが...)

      観覧車というと、円形の枠組みにゴンドラをつるしているタイプがほとんどですが、ここはエンジンから直接腕が生えていてそこに円錐型ゴンドラを持っているタイプなので、やはり少し不気味に感じてしまうのかもしれません。

       

      最後に、前述のららん藤岡の隣にある「レジャーランド藤岡店」へ。

      最近ハマっているゲームにログインして懐かしい”ゲーセン”の雰囲気を味わってから地元へと帰りました。

      まだこの時期は北風はあまり強くないですが、師走にかけては群馬ではからっ風でおなじみの強い北風が自転車乗りを直撃します。

      サイクリングには辛い時期になりますね〜

       

      もう冬と思わせるほど一日通して寒い日が続きますので、ぜひ身体を大事にしたいですね。

       

      次回は来週末、久々のSLです。

       

      ではまた☆

      11月5日上信電鉄線撮影

      2017.11.05 Sunday

      0

        こんばんは。

        本日はバイト終了後にサイクリングの一環で、久しぶりに上信電鉄線の撮影に行ってきました。

        暫く意識しないなかったうちに、新駅「佐野のわたし」駅が開業したり、JR107系電車が6本も上信線へ譲渡されたりと面白い動きを見せいていました。2年前の秋に車庫公開のイベントで電車を間近で見て、更に今年の夏にググっとぐんまキャンペーンのスタンプラリーで上州富岡と下仁田へも乗車してきました。

        そんな上信電鉄線を今回は沿線から撮影してみました。

        まずは新駅「佐野のわたし」を見てきました。

        流石、綺麗ですね。

        駅から烏川を。

        烏川橋梁のすぐ横なので、午前中なら駅からでも綺麗に撮影できそうです。

        また、この駅から高崎方へ向かうとすぐに佐野信号所があり、高崎から来た下り列車と交換するということが多いので、比較的多く効率的に列車を見ることができるスポットです。

        折角自転車なので、今回は隣の市道から撮影します。

        川と橋梁、美しい風景です。

        まずは下り列車の500形501Fでした。

        上信電鉄では珍しい標準塗装車ですが、全面と側面に創業120周年を記念したぐんまちゃんや鉄道むすめの「富岡しるく」などがラッピングされています。

        上越新幹線の高架が間近なので、電車以上の間隔で新幹線もやってきます。

        昼間は本当に北陸新幹線の割合が多いです。

        次に来たのは上り列車の200形クハ304+デハ204でした。

        電気機関車デキの牽引相手として選ばれており、旧客を模したぶどう色に塗られています。

        平成も終わりが見えているというこの時代に非冷房かつ自動空気ブレーキ制御という大変貴重な電車であります。

        単独運転は今回初めて見ました。

        続いて来たのは下り列車の7000形7001Fでした。

        上信電鉄期待の新車です。デビューから今冬で早3年になるのですね。初期のころは塗装が決まっておらず、東武鉄道のセイジクリームを思い出すかのような白色一色でしたが、地元の高校生のデザイン応募によってこの塗装が選ばれました。

        続いて、上り列車の500形503Fです。

        先程の501Fぐんまちゃん列車とは違い、ド派手な真っ赤なラッピングが施されています。

        そして下り列車の150形155Fでした。

        西武鉄道701系からの改造車で、この度のJR107系導入で廃車が噂されている編成でもあります。

        佐野のわたしでの撮影はここまでとしました。

        およそ1時間の滞在でこれだけのバリエーション豊富な車両が見られるのも上信の魅力であります。

        その後、移動中にちょうど来た上り列車の6000形を西山名駅付近で撮影。

        こちらは日野自動車のラッピングが施されています。2年ほど前まで真っ赤な塗装でしたが、リニューアルしています。

        リニューアル化後は初めての撮影です。

         

        この後自転車で藤岡市で少々遊んでから高崎へ帰りました。

        その模様はまた別途報告したいと思います。

         

        今回も民鉄線ネタとなりました。JR線は暫く乗りに行く機会がなく、中旬以降まで上げられないかもしれません...

         

        ではまた☆

        11月3日東武鉄道で浅草へ

        2017.11.04 Saturday

        0

          こんばんは。

          復帰宣言から1週間ほど経過してしまいましたが、ようやく私自身の方も安定して来たのでこれからまたボチボチ書いていきたいと思います。お付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

           

          さて本日は東京で友人と食事会があったので1日東京へ出向いていました。いつものようにJR高崎線で行っても良いのですが、最近東武鉄道にはまっており、今回も東武鉄道の特急列車を使って浅草へ向かいました。実は2017年4月の東武線ダイヤ改正でデビューした特急「リバティ」にデビュー当日から乗車することが出来、それ以来東武鉄道に目を向ける機会が多くなりました。記事を書いていない間でもたまに特急「りょうもう」等を利用していました。

          久しぶりのカットです。

          5時半の新前橋駅。

          両毛線の初電425Mで東へ向かいました。

          栃木県は栃木駅。

          東武日光線と繋がる栃木までやってきました。

           

          乗車する特急まで少し時間があるので、駅先で来る列車を撮影してみました。

          4両の8000系8189F

          2R+2R(4両)の10000系11255F+11256F

          6050系6259F+6172F

          乗車する特急の先行となる「きぬ110号」の100系103F

          そして浅草へはこちらの特急「しもつけ282号」に乗車します。

          車両は350系353Fでした。

          特急「スペーシア」や「リバティ」などの特別料金が設定されている東武日光線において安価な特急料金で乗れる「しもつけ」は朝上り列車、夜下り列車の1日1往復が運転されており、ビジネス特急的扱いとなっています。

          懐かしい雰囲気の車内、抵抗制御の爆音サウンドを聴きながら日光線・伊勢崎線を快走します。

          350系は、もともと1969年から製造された東武1800系電車を改造して作られた特急型車両で、1991年より運用されています。

          定期での運用は、この「しもつけ」のみとなっています。

          道中若干詰まってしまいましたが、浅草駅には定時で到着しました。

          浅草と言えば浅草雷門。

          来るたびに大提灯は見ていますが、観光はしないという(笑)

          そしてメイン会場へ。

          浅草橋の「たいこ茶屋」さんで、刺身食べ放題のランチを頂いてきました。

          その後は付き合い等で夜までなんだかんだで遊んでいました。

           

          こんな具合で復帰後初記事は東武鉄道関連になりました。

          またすぐ次の記事が書けるかと思います。よろしくお願いします。

           

          ではまた☆

          【10月23日】更新再開。。。

          2017.10.23 Monday

          0

            お久しぶりです。ご無沙汰しております。

            一昨年の11月、突如更新を休止してしまい多くの方々にご心配をおかけしてしまいましたことをお詫び申し上げます。

            群馬県民の日を目前にして、復帰することができました。新しい記事もチラッと見て行って頂けると幸いです。

            本格的な記事は、11月頭から書き出していきたいと思います。

             

             

            1